ワキ脱毛の処理にかかる時間

ワキ毛の自己処理に限界を感じた時、次に行きつく先は脱毛ではないでしょうか。脱毛なら永久性が期待できますので、この煩わしいワキ毛の処理から解放されます。

しかも処理した後のお肌もツルツルで、これからは堂々と半袖もノースリーブも着ることができるようになります。しかしワキ脱毛を受けるにあたって疑問や不安も多々出てくる事でしょう。よく寄せられる質問の一つが、ワキ脱毛の処理にかかる時間です。

自己処理のメリットは自分の思い立った時に処理ができる点ですが、脱毛を受けるとなるとそうは行きません。サロンの空いている時間に予約を取ってそれに間に合うようにいかなくてはいけないのです。仕事が忙しく残業する可能性が高い方は、予約をしてもその時間に行けるかわからない、処理に時間がかかるようでは困ることが出てくるかもしれません。

ワキ脱毛の処理時間ですが、レーザーや光脱毛なら驚くほど早く処理ができます。両方のワキの下の処理にあてる時間ですが、5分から10分程度です。

サロンによって施術方法やサービスが異なりますが、自宅でシェービングを行っていればすぐに処理にとりかかれますので、サロンの滞在時間をかなり短くすることも可能なのです。
また処理後の肌を鎮静するために、トリートメントをしてくれるのですが、その時間を全て合わせてもワキ脱毛にかかる時間は30分以内です。

全身脱毛になると処理箇所が多いので時間もかかりますが、ワキなら短時間で終了しますので時間のない方にもおすすめです。

ワキ脱毛完了までの期間

ワキ脱毛を受けたいけれど、一体どのくらいの期間で脱毛が終了するのかを知っておきたい方もいらっしゃるでしょう。一つ確認しておきたいのが、脱毛終了までの定義は人それぞれ違うということです。

ムダ毛が一切なくなることが脱毛の完了だと判断する方もいますし、産毛のような細い毛で目立たなければ完了と解釈する方もいらっしゃるでしょう。

それによって脱毛を受ける回数や期間が変わってきますし、ムダ毛の生え方にも個人差がありますのでそれによっても受ける 回数が変わってくる事があります。脱毛の方法は現在レーザーか光が主流なのですが、受ける方法によっても脱毛完了までの期間が変わってきます。

レーザーは医療行為に該当しますので、美容皮膚科やクリニックでしか受けることができません。レーザーと光は同じ仕組みでムダ毛を処理するのですが、レーザーのほうがムダ毛に反応する力が強いため、脱毛効果が現れやすいと言われています。

それなので脱毛に通う回数も平均で約一年でほとんどの方が満足いく結果が得られるようです。一方で光脱毛はレーザーよりもムダ毛に反応する力が弱くなってしまうため、処理をする期間も長くなってしまいます。

そのため光脱毛の場合はその倍の期間が必要になってくるケースがほとんどです。平均で1年半から2年半でワキの下のムダ毛が目立たなくなってくるようです。価格を比較してみると、光の方が安いので光脱毛でワキを脱毛してもらう方も少なくありません。

ワキ脱毛の価格は?

自己処理が面倒でいっそのことワキ脱毛を受けたいけれど、気になるのが価格ではないでしょうか。あまりにも高額な費用がかかってしまうと、一括で費用を用意するのは難しいかもしれませんし、ローン組むとそれが後に負担になるかもしれません。

確かに一昔前はワキ脱毛でも高額な費用がかかっていたのは事実です。それは脱毛方法が限定されていたからです。昔はニードル脱毛と呼ばれる脱毛方法しか採用されておらず、しかも受けられる場所も少ないこと、さらにはとても手間がかかることから、両ワキの脱毛だけでも数十万円の費用がかかりました。

これだけ高いと誰もが気軽に脱毛を受けることができなかったのです。その後レーザーや光脱毛を取り入れるサロンやクリニックが増えてきて、脱毛価格は大きく下がりました。得に光脱毛は格安であり、しかもキャンペーンを実施しているサロンも多いことから上手くいけば1000円以下の価格でワキ脱毛を受けることができるのです。

多くの方が脱毛したい箇所にワキの下を挙げていることから、初めてそのサロンを利用される方のために、ワキ脱毛をキャンペーン価格で提供しているサロンがほとんどなのです。もしくは他の部位を契約することでワキ脱毛を無料でつけているところもあります。

1000円以下でも脱毛が受けられますので、この程度なら学生さんでも気軽に脱毛を受けることができるようになります。ちょっとコンビニで飲み物や食べ物を飼うのと同じくらいの値段で受けられますので、気軽にワキ脱毛を受けられると思います。